お問い合わせはこちら

一般社団法人 南多摩薬剤師会
〒206-0036
東京都多摩市中沢2-5-6
TEL: 042-372-7040

会員専用ページ
5類になりました
家族が感染したら

更新情報

  • 2022.04.01:稲城市休日対応薬局一覧表を令和4年度版に更新しました。
  • 2020.12.09:「ごあんない」に『「東京都発 GO TO トラベル」自粛をしなければならない基礎疾患の方とは』を掲載しました。
  • 2020.04.17:「ごあんない」に「新型コロナウイルス感染症にかかる相談窓口について(東京都福祉保健局HP)」のリンク先を掲載しました。
  • 2020.03.12:「在宅医療受付薬局」のページを追加しました。
  • 2019.11.28:「お知らせ」に「情報共有用紙」について掲載致しました。
  • 2018.05.28:南多摩薬剤師会のホームページを公開しました。

更新情報

ごあんない

  • 「お薬の安心」が、自己責任になっちゃうの?
    私たち薬剤師は、「薬のリスク」がお客さまの自己責任とならないよう、薬剤師の責務を果たしたいと考えています。

  • かかりつけの薬局をお持ちですか?
    処方せんはどの保険薬局でも調剤でき、自由に利用する薬局を選ぶことができます。気軽に相談でき、信頼できる薬局を「かかりつけ薬局」に決めてはいかがでしょう。

  • おくすり手帳を持ちましょう
    おくすり手帳をお持ちですか?おくすり手帳は、自分の服薬の記録を残すためにとても役立ちます。

  • 後発医薬品をご存知ですか?
    後発医薬品はジェネリック医薬品ともいわれ、新薬(先発医薬品)の特許が切れた後に開発・承認された、新薬と同一成分の薬です。厚生労働省が定めた厳しい基準をクリアして、先発医薬品と品質および有効性が同じであることが認められています。新薬に比べて価格は安くなっています。

  • 薬物乱用 『ダメ。ゼッタイ。』
    薬物乱用は、絶対にしてはいけません。「一回だけ」と思って手を出してしまったら、高揚感、多幸感、不安の解消を求め、また薬物を使いたいと思ってしまいます。結局、やめられなくなり、身体だけではなく、心まで破壊されてボロボロになってしまいます。

お知らせ

多摩南部地域病院と多摩薬薬連携の会が共同で「情報共有用紙」を作成致しました。

【情報共有用紙のダウンロードはこちらをクリック】

情報共有用紙とは
患者さんの健康被害を未然に防ぎ、より良い支援を行っていくため、病院と薬局とで患者様の情報を共有できるツール

使用方法
フォーマットを印刷して半分に折り、手帳で輪ゴムに挟んでとめる。
古くなったり汚れたら、コピーしたら、新しいフォーマットを多摩南部地域病院のHPと南多摩薬剤師会のHPでダウンロードしてください。

ご注意
記載する際は必ず同意を得ながら記載してください。
主に次の方を中心に使っていただけたら良いかと思われます。

  • 認知面の心配がある方
  • 病院に入院や検査など予定のある方
  • アレルギーなどで薬剤師が記載した方がいいと思った方
    (その記載項目について、いつかの日付については必要と思ったら記載していただく。)

その他
薬薬連携の会については、多摩南部地域病院のHPに議事録が掲載されていますのでご覧ください。

会員薬局

リンク集